made with in Naga-Cli

ながたデンタルクリニックのダイレクトセラミックス治療

次世代型コンポジットレジン修復治療

治療ケース

  • HOME
  • >
  • 歯が欠損した時に

歯が欠損した時に / Direct Bridge



上顎前歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。歯根外部・内部吸収による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。遠心に位置する犬歯はオールセラミックス素材の間接補綴物が装着されているために、中切歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎前歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。歯根破折による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

永久歯の先天性欠如による小臼歯の1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。抜歯後長期間放置状態に対し、修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。歯根破折による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。抜歯後長期間放置状態に対し、修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。歯根破折による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。咬合圧が掛かる部位の欠損のため、2本の小臼歯サイズのポンティックをそれぞれ手前と奥の歯に片面に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバータイプに連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。齲蝕による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。咬合圧が掛かる部位の欠損のため、2本の小臼歯サイズのポンティックをそれぞれ手前と奥の歯に片面に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバータイプに連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



上顎前歯1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。外傷により歯冠および歯根破折を起こした要抜歯に対し、前歯のため即日に歯冠形態回復が必要なため、破折した歯冠を一時的に口腔内に戻し、シリコン印象にて破折前の状態を記録。それを口腔内に移植するためのガイドを作成。右側中切歯はオールセラミックス素材の間接補綴物が装着されているために、側切歯近心に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

乳歯の中切歯の欠損のダイレクトブリッジ症例。外傷により抜歯を行なって後続永久歯の萌出まで経過観察を行なっていたが、七五三の記念撮影があるので歯を作って欲しいとの保護者からの依頼を受け、修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。小児の場合、日々顎骨成長が起こるため、両側固定は不向きと考え左側中切歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバータイプに連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



ダイレクトブリッジ治療に於いては、咬合の適正な確立のために、咬合器上でワックスアップによるシミュレーションを行うために事前に型取りが必要です。







ダイレクトセラミックス治療の流れ

CASE TREATMENT

写真をタップまたはクリックで詳細ページが表示されます

虫歯治療の時に

/Direct Filling

銀歯を外したい時に

/Direct Inlay Onlay

歯が折れた時に 

/Direct Restoration

歯が欠損した時に

/Direct Bridge

歯の色・形を綺麗にしたい時に

/Direct Veneer

歯と歯の間を埋めたい時に

/Direct Filling

すぐに歯がないと困る時に

/Direct Crown

他に治療の選択肢がない時に

/Direct Crown

 土台治療の時に

/Direct Abutment Preparation

その他の治療症例

/Other Direct Restorations

虫歯治療の時に

/Direct Filling

銀歯を外したい時に

/Direct Inlay Onlay

歯が折れた時に 

/Direct Restoration

歯が欠損した時に

/Direct Bridge

歯の色・形を綺麗にしたい時に

/Direct Veneer

歯と歯の間を埋めたい時に

/Direct Filling

すぐに歯がないと困る時に

/Direct Crown

他に治療の選択肢がない時に

/Direct Crown

 土台治療の時に

/Direct Abutment Preparation

その他の治療症例

/Other Direct Restorations

従来の治療法について

/Genaral Treatments

使用材料について

/Materials

CATEGORIES

BEST TREATMENTS

Direct Ceramics / 

inlay type

PMTC / 

mechanical cleaning

Ceramics Crown / 

metal bond type

PICK UP

神経保存治療 / 

MTA cement

Whitening / 

self home type

Metal Denture / 

cobalt chrome

NEW RELAXATIONS

GUM massage / 

blood flow massage

Lips aesthetic / 

glamorous lip treatment

HANDS massage / 

relax massage