ボトックス治療

寝起きのあごの痛みから解放されませんか?

食いしばりや歯ぎしりが強く、マウスピースだけでは改善されない方に。

ストレスや緊張で無意識に、奥歯に力が入る状態が食いしばり。
これが長期間続くと歯が削れて嚙み合わせが変わり、顔の脂肪が落ちて頰が垂れ、ほうれい線が深くなる。
さらに顔筋が常に酷使されるため、エラが張った大きな顔になり、食いしばり顔になってしまいます。

こんな方はご相談ください

・顎関節症の緩和(顎が鳴る、口が大きく開かない、顎が痛む)
・就寝中の歯ぎしりの緩和
・歯ぎしりによる歯の磨耗(すり減り)の抑制
・咬合圧による歯の破損、詰め物や被せ物が外れる
・食いしばりで起こる肩こり、頭痛などの緩和
・歯磨きできているのに歯周ポケットが改善しない
・広範囲にわたる知覚過敏
・ナイトガードの違和感が強く付けられない
・その他、ガミースマイル改善、口角挙上など
 
 
※咬筋肥大とは・・
咬筋とは食べ物を咀嚼(噛む)する時に使われる筋肉で、かみしめ癖などの食いしばりなどが原因となり、この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態を咬筋肥大といいます。咬筋が肥大することにより、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因に鳴る可能性があります。

顎が痛い

顎が鳴る・口が大きく開かない・顎が痛む等は顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状です。主な原因は食いしばり・歯ぎしり・ストレス・頬杖をつく・偏咀嚼(どちらか一方でものを噛む癖)・悪い噛み合わせ等原因は様々な故、明確な治療法が無いといわれています。
食いしばりによる舌や頬粘膜の圧痕・咬み傷、寝起きの顎の痛みや頭痛
このような症状でお悩みの患者様ご相談ください。
食いしばりで歯がすり減ると、単に歯の問題だけでなく、
顎関節症になったり、将来的に顔のシワが深くなることになります。
奥歯のすり減りが進行すると、顎の位置が定まらず様々な不定愁訴に
発展することもあります。

「歯科医院でボトックス」というと聞きなれないと感じる方が多いかもしれませんが、アメリカでは多くの歯科医院でボトックスを扱っています。
また、小児まひの治療においても大きな効果をあげており、長い使用実績と高い安全性を誇っています。
歯科でのボトックスの作用は、「歯ぎしり」や「食いしばり」に効果があります。
ながたデンタルクリニックでは、歯ぎしり、食いしばりなどの治療に従来の歯科治療だけでは出来なかったボトックス治療を応用しています。
もともとボトックスはシワやたるみの改善以外に、「小顔」にするためにも用いられます。
エラ部分に注入することにより、結果この部分の筋肉が痩せて小顔になります。
顎関節症の治療、歯ぎしり、食いしばりの改善にもこの部分に注射をしますので、「プラス小顔効果」、嬉しい効果も期待できます。
歯ぎしりでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
 

施術費用(税込価格 1回)
・食いしばり、歯ぎしり治療 ¥44,000-
・ガミースマイル ¥22,000-
・おとがいの梅干しシワ ¥22,000-
 

ボツリヌス菌(*1)が産生するボツリヌス毒素を筋肉内に注射し、筋肉の過活動や過緊張の改善を図る治療法です。ボツリヌス毒素を咬筋に作用させることにより、咬合力を強制的に弱める方法です。
ながたデンタルクリニックではHUGEL社のBotulaxを使用しています。(*2)
Botulaxは、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種で、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあります。
強い歯ぎしり・食いしばりの原因である咬筋にボツリヌス毒素を注入することで、咬筋の働きを弱め、歯ぎしりや食いしばりからくる顎の痛み(顎関節症)を緩和させます。
顎関節症の他にも歯ぎしり・食いしばりは、歯牙や歯周組織にも悪影響を及ぼします。虫歯になりやすくなったり、歯ぎしりによって、慢性的な強い力が、歯を通して歯槽骨や歯肉に伝わり、これらを圧迫して、細かな壊死を発生させます。その壊死に陥った組織は歯周病になりやすくなります。
歯周病の予防は、正しい歯磨きでしっかりと歯の汚れを落とすことが、何より第一ですが、歯ぎしり食いしばりをする方は、ボツリヌス毒素の注射を加えることでより高度な歯周病予防が可能になります。
また咬筋にボツリヌス毒素を注入することによって、頬辺りの筋肉が一時的に衰えるので、歯ぎしり・食いしばりの他にもエラ張りの改善・小顔効果も期待できます。歯科医院では美容目的だけのボツリヌス注射はできません。
*1 強い毒性を持っているボツリヌス菌ですが、 治療に使用されるA型ボツリヌスを特殊加工して、 完全無毒化してから使用されているため安全性に問題はありません。ボツリヌストキシン注入療法は、日本では1996年に眼瞼痙攣、2000年に片側顔面痙攣、2001年に痙性斜頸への効能が厚生労働省の承認を受けている治療です。美容業界では一般的に使用されている治療方法です。
*2 ボツリヌス注入療法に用いる薬剤としてアラガン社のボトックスが有名ではありますが、 当院で使用するHUGEL社のBotulaxでもボトックスと同じ効果が得られます。Botulaxは国内未承認医薬品です。当院ではPRSS.Japan株式会社より供給を受けております。

リスク・副作用

個人差はありますが、一度の注射でボツリヌスの効能期間はおおよそ6ヶ月ほどです。継続的に施術をすることで期間は長くなることが多いです。咬筋に初めて施術した際に硬いものが噛みづらい感覚が出ますが徐々に慣れていきます。ごく稀に注射部位に炎症反応が出る場合があります。ごく稀にアレルギー反応が出る場合があります。稀に一時的に唾液分泌量が減少しますが数週間で回復することがほとんどです。短期間に多い量を注入すると抗毒素耐性が生じる場合があります。