NAGATA Dental.net

Message04

ながたデンタルクリニックの考え

治療途中で放置しないで!

bind_11.jpg

ちょっと歯医者に通うのが面倒になった、もう痛くなくなったからいいや、予約を忘れてしまい間が空いて行き辛い、などの患者様の判断で途中で治療を中断することは結果的に患者様にとって不利益になります。
例えば、歯の神経(根)の治療途中で放置することにより、残せたはずの歯が大きく感染し抜歯ということや、それにより隣り合う歯が巻き込まれたり、噛み合う歯が動いてしまい左右の噛み合わせずれてしまい、顎の関節までにも影響することがあります。
また、詰め物や被せ物、入れ歯などの型どりをしてからの期間が長くなると、それ自体の適合が悪くなり場合によっては、再度治療をやり直さなければならないこともございます。
それは、患者様の口腔内にも悪影響を及ぼし条件を悪くするだけでなく、治せたはずの歯が治せない状況にもなりうり 結果、治療期間が長くなり費用もかかってしまいます。
お仕事やその他のご事情等でお忙しいとはございますが、当院では間が空いてしまった患者様の再来院を心よりお待ち申し上げております。
それは、治療に携わった者としての責任でもあり、なにより患者様が心配なのです。
間が空いたから行き辛い、なんて思わないでください。
歯を失う一番の原因は、「治療途中で放置」なのです。