NAGATA Dental.net

Message03

ながたデンタルクリニックの考え

セラミック治療

452.jpg

セラミックは生体親和性が高く、人体に与える影響がとても少ない素材です。健康保険適応の金属は、国(厚生労働省)が定めた組成のパラジウム合金です。パラジウムは保健金属の主役ですが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出ます。ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。ほとんどの患者様も「歯医者さんが患者の体に悪いものを使うはずがないし、第一、国が体に悪いものを使っていいと認めるはずがない」と、保険の銀歯のことを見た目は気にしたとしても、使われている金属の中身の安全性までは考えたことはないと思います。しかし、現在でも健康保険適応の銀歯には、金銀パラジウム合金(金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、インジウム、イリジウム、すずなどが成分)と、約50%もの水銀を含むアマルガムといった金属が国指定金属として使われています。金銀と謳った名称ですが、それらはごくわずかで、主成分はパラジウムです。これらのこれら重金属を含む金属は、口の中で腐食します。そして体内に取り込まれ、あなたの体に何らかの悪い影響を与えていることが以前からの研究でも明らかになっています。皮膚や粘膜の異常、目が疲れる、鼻詰まり、頭痛、肩こり、しびれや、疲労などが、パラジウム合金が引き起こすアレルギー反応だとも言われています。私は、決して保険金属が全ての人に「絶対に悪いもので、これは毒だ!」とまでは言いませんが、自分や家族には入れることはありません。もちろん、身体に影響の無いと言われる高カラットのゴールド、白金加金やインプラント素材のチタン、そしてここで紹介しているセラミック素材でも、ごくわずかながらもアレルギー反応を示す人は存在するので、完璧に絶対安全である歯科素材はないのかもしれませんが、全く金属を使用しないオールセラミック治療はそれらのリスクを大幅に軽減するものと考えます。また、オールセラミックは、金属の被せ物と違い、被せ物の縁が溶解して自分の歯とセラミックの間に隙間ができないため、衛生的かつ2次的な虫歯の再発を抑えます。経年劣化で表面がざらついてしまう保険の金属やプラスチックと比較すると、長期間表面が滑沢なセラミック素材は歯垢を寄せ付けにくく、歯垢除去が容易に可能なため、歯周病対策にもなり、それが被せものの付け根の虫歯の発生を抑制することになります。今まで、私は被せ物の周りに付着した歯垢・歯石が原因で歯周病となり、歯の根が露出した箇所から虫歯が発生し、それに患者様自身が気がつかない(ほとんどの被せ物が神経を取っている歯なので虫歯になっても痛みを感じない)ため状態が悪化し、やむなく抜歯するケースを数えきれないほど診てきました。もちろん、一番重要なのは毎日のセルフケアと我々がお手伝いするプロフェッショナルケアの定期検診ですが、セラミック治療は金属の歯に比べてご自身の大事な残った歯を長く守ることにもなるのです。もちろん、高額な治療になりますのでやりたくてもセラミック治療が受けれない方がいるのも十分理解しております。しかし、臨床をし続けて感じている点は、例えば、虫歯1本にしても、やはりセラミックを使って、質のよい接着剤を使えば、より自然な歯が入り、長持ちもします。もちろん患者様の経済的事情もありますので、保険も自費もどちらも正確な情報を伝え、最終的な選択は患者様ご自身に委ねています。長くなりましたが、オールセラミックは、金属アレルギーの心配がなく、毎日の歯磨きで汚れが取れやすく、歯周病や虫歯の発生を抑えることのできる素材であるということです。