NAGATA Dental.net

Message01

ながたデンタルクリニックの考え

予防歯科の重要性

preventive-dentistry.jpg

歯は少しの量でも一度でも虫歯になって削ったら、元には戻りません。
最初は小さい虫歯で治療したとしても、人工の材料には耐久寿命があります。そこからさらに大きな虫歯になり再治療、そして神経を取って被せもの、場合によっては神経を取った歯が無痛のまま再感染を起こし抜歯。失った歯を補うために、両隣りの歯を削ってブリッジを。ブリッジの土台になる歯は今まで以上の負担をしいられ、歯がつながることにより歯垢が取りにくくなる。そして、その土台の歯も抜歯、部分入れ歯、、、最終的に総入れ歯。
もちろん、長期間かけてでの例ですが、こんなパターンも珍しくはありません。
そもそも、何故虫歯になって治療を受けに歯医者に来たのかを考えてください。
「歯を毎日ちゃんと磨いています」と、「磨けています」では違うのです。
それぞれ、身体の大きさや顔が違うように、お口の中の環境も様々です。
あなたに合った正しい歯みがきの仕方を指導することが、わたしたちの使命でもあります。
そして、正しい歯みがきをしたとしても、セルフケアでは除去が難しい歯ぐきのなかの汚れや細菌の除去。バイオフィルムといった最近の垢の除去を専用の機械を用いて歯医者さんで行うことが重要なのです。
ながたデンタルクリニックでは虫歯や歯周病を未然に防ぐ診療に力を入れています。様々な検査結果をもとに、患者さんの生活全体を総合的に判断してその人に合った予防プログラムをたてます。私たちは、定期的な検診、管理を通じて、患者の皆様の健康を応援します。

治療した虫歯は再発のリスクが高い

虫歯になって感染したところを除去した後は、人工の材料で補います。しかし、人工物のためいずれ劣化が始まります。保険材料の金属やプラスチックは接合部の薄く弱いところから材料自体が溶けたり、欠けたりします。最初は見ても分からないぐらいの微小な隙間ですが、顕微鏡で見ないと分からないくらい小さな細菌にとっては大きな入り口になるのです。そして、そこから新たな虫歯の再発が始まるのです。
人工の修復物の劣化は避けられないとしても、お口の中の細菌の量はプラークコントロールで最小限に抑えられることができます。
人間は地球環境で生きている限り、お口の中の細菌をゼロにすることはできません。免疫の関係で細菌がゼロになると人間は生きてはいけません。
そのため、細菌の量のバランスが重要なのです。虫歯菌や歯周病菌が増えないように定期的にお口の中の細菌を除去して数を減らすことによって再発のリスクを抑えることが大事です。

歯周病疾患の患者さんこそ定期的なメンテナンスが必要です

歯は、骨に埋まっています。その歯を支えている骨が溶けて最終的に歯を支えられなくなるのが歯周病です。歯周病によって溶けてしまった骨は自然に増えることはありません。
これ以上、歯を支えている骨を失わないためにも、定期的な細菌除去によるクリーニングは重要です。
毎日の診療で患者さんと話していると、「歳をとったら歯が抜けて入れ歯になる」と、思い込んでいる方が多いように思います。決してそんなことはありません。それは間違った常識です。ちゃんと予防をして生活習慣を正すことでいつまでも自分の歯だけで食事ができるのです。
健康な歯と歯ぐき(骨)は大事な財産です。
将来の自分のためにも、定期的なチェックとクリーニングを受けることを習慣づけるようにしませんか?

例えば、体の健康診断は毎年受けていますよね?病気になってから健康診断をしよう!という人はいないと思います。歯も、それと同じことがいえるのです。
虫歯や歯周病にならないために、既に歯周病の方は悪化させないために定期的なクリーニングと検診は必要です。
もう、治療で痛い思いをするのはやめましょう!
これからは、そうならないために楽しく当院に遊びにきてください!
口臭予防にも大変効果があるので、接客業の方や、恋人同士、治療終了後した患者様などたくさんの方々がながたデンタルクリニックには笑顔でご来院いただいております。
それぞれの口腔内環境にもよりますが、おおよそ3〜6ヶ月ごとのクリーニングが悪性の口腔内細菌の数を抑えるのに効果的であります。
保険診療のルールに沿って行いますので、場合によっては複数回のご来院が必要となる場合がございます。