どんなことでも相談ください。

痛みがあるのはもちろんのこと、何かおかしいな?歯がしみる、詰め物が取れた、入れ歯が合わない、どこか分からないけど違和感がある。
など、気になることがあればお気軽にご相談ください。丁寧な説明と動機付けを心がけています。
食いしばりや歯ぎしりなどの噛み合わせの治療も行っております。

お子様の口の中を守ります。

当院では、全てのお子様が歯医者が怖いところではなく楽しいところ、と思ってくれるような環境作りに努めています。大事なお子様のためにも虫歯予防・検診・無料のフッ素塗布にご来院ください。
川口市では15歳まで医療費控除を受けられますので当院での一部負担金は発生しません。

親知らずで気になったら。

親知らずがはえてきて気になる、親知らずの周りが腫れた、など怖がらずにお気軽にご相談ください。決して、親知らずだからと言って必ず抜く必要があるとは限りません。
また、当院では専門医療機関との連携も行っております。
また、中等度〜重度歯周病の外科的治療も行っております。

いつまでも健康な歯と歯ぐき。

着色・歯石取りや、患者様それぞれのお口の環境に合った正しい歯みがきのやりかた。また、舌のクリーニングなどは、虫歯や歯周病の予防・口臭対策はもちろんのこと、せっかく治療した虫歯の再発にも効果があります。
当院では最新の歯石除去の医療機器を導入しております。

ページの先頭へ

保険診療について

bind_11.jpg保険診療では、国(厚生労働省)が決めたルールに則った検査・診断・治療を行います。
日本の保険診療は世界的にみても非常に安価で、さらに実際の治療費の1〜3割を患者様が負担する素晴らしい制度です。
保険診療費は、全国どこの歯科医院でも同じ値段です。歯科医院によって高い・安いと、いったことはありません。
医療費の改定は大きく2年に一度、国(厚生労働省)が決定しますので、以前と同じ治療内容でも負担金が変動する場合がございます。
その際使用される材料や治療方法、あるいは治療回数や期間なども、全てにわたって事細かに規定されており、その規定で認められた範囲内で行わなければなりません。
そのため、当院では出来る限りの患者様のご要望にお応えできるように治療計画を立て治療を進めてまいりますが、全てにおいて患者様のご希望通りにならないこともございますのでご了承ください。
併せて、保険診療とは、歯科医院と患者様との医療診療契約ではなく、歯科医院と患者様がご加入いただいている保険証に記載されている各保険者(健康保険事業の運営主体団体)との契約であり、患者様は被保険者とあるということもご理解ください。
そのような意味では、患者様にとっては制限のある保険診療ですが、当院では十分な機能回復治療を丁寧に行いますのでご安心して受診されてください。
保険診療だからといって、質の悪い治療、というわけではなく、自費診療と比較すると保険診療はできる範囲が制限されますが、当院では治療に対する姿勢は保険診療も自費診療も同じく、全力で患者様のために治療をいたします。
自費診療のメリットについては、こちらをご参照ください。

治療途中で放置しないで!

ちょっと歯医者に通うのが面倒になった、もう痛くなくなったからいいや、予約を忘れてしまい間が空いて行き辛い、などの患者様の判断で途中で治療を中断することは結果的に患者様にとって不利益になります。
例えば、歯の神経(根)の治療途中で放置することにより、残せたはずの歯が大きく感染し抜歯ということや、それにより隣り合う歯が巻き込まれたり、噛み合う歯が動いてしまい左右の噛み合わせずれてしまい、顎の関節までにも影響することがあります。
また、詰め物や被せ物、入れ歯などの型どりをしてからの期間が長くなると、それ自体の適合が悪くなり場合によっては、再度治療をやり直さなければならないこともございます。
それは、患者様の口腔内にも悪影響を及ぼし条件を悪くするだけでなく、治せたはずの歯が治せない状況にもなりうり 結果、治療期間が長くなり費用もかかってしまいます。
お仕事やその他のご事情等でお忙しいとはございますが、当院では間が空いてしまった患者様の再来院を心よりお待ち申し上げております。
それは、治療に携わった者としての責任でもあり、なにより患者様が心配なのです。
間が空いたから行き辛い、なんて思わないでください。
歯を失う一番の原因は、「治療途中で放置」なのです。

ページの先頭へ

ページの先頭へ