ながたデンタルクリニックでの治療メニューのご紹介です。
ご自由にタップ・スワイプしてご覧ください。


HOME > Ceramic crown

セラミックの被せ物の種類

オールセラミッククラウン

金属を一切使用しない100%セラミック素材です

金属を使わないため、透過性のある非常に透明感のあることが特徴です。また、金属アレルギー等の心配もなく身体に優しい素材であると言えます。



特に審美性の求められる、前歯に向いています。
メタルセラミッククラウンではその構造上、裏側のごく一部に金属が見えてしまいますので奥歯でも完全な審美性を求める方にはこちらが向いております。
歯周病等で歯ぐきが多少下がったとしても接合部が白いため、黒いラインが出ず、長い期間審美的にご満足いただけます。

ながたデンタルクリニックでは、「グラスセラミッククラウン」と「ジルコニアセラミッククラウン」の2つからお選びいただけます。


メタルセラミッククラウン

内側に金属を使用しその上からセラミックを焼き付けたもの

審美性は、オールセラミックには若干劣りますが、内冠にプレシャスメタル(金の含有量を増やした合金)を使用し、土台となる自分の歯との適合性が優れていることが特徴です。



オールセラミックでは対応しきれない多数歯欠損のブリッジ治療にも対応できます。
構造上、表面裏側のごく一部に金属が見えますが、表はセラミックで覆われているためほとんど目立ちません。
オプションで、内冠金属を生体親和性の非常に高い、20カラットの純金を使用することもできます。


ながたデンタルクリニックでは「ハイブリットセラミッククラウン」「メタルボンドセラミッククラウン」の2つからお選びいただけます。


All Ceramic crown

最高の美しさを求めるあなたへ
ジルコニア セラミック クラウン
¥120,000-(税抜き価格)

金属を使用しないため、自然歯と同じ透明感、光沢ができ非常に高い審美性を得ることができます。また断熱性にも優れています。
熱い、または冷たい食べ物や飲み物でも不快な思いをすることはありません。
優れた強度を持っている人工ダイアモンドといわれる最高級の素材です
また、金属を使っていないので金属アレルギーや、歯ぐきの変色もありません。
欠損歯などを連結するブリッジ治療にも対応できますし、患者様の歯の特徴(例えば、歯茎に近いところと真ん中、先端とで色を微妙に変える)に合わせるオーダーも可能です。

なるべく歯を削らずに白い歯を入れる、新素材セラミック
グラス セラミック クラウン
¥100,000-(税抜き価格)

今までのオールセラミッククラウンを被せる際、被せもの自体の内厚が太いため、どうしてもご自身の支台になる歯を大きく削る必要がありました。
しかし、新素材のグラスセラミッククラウンは1〜2mm程度の切削量でも十分な強度と審美性を兼ね備えているため、従来難しいとされてきた神経の残っている歯にも適応範囲が広がりました。
また、非常に透過性も高いため前歯の先端の透明感などの再現にも優れています。
ただし、ジルコニアオールセラミッククラウンと比較すると、強度と審美性という点では若干劣ります。
透明感が高いため、土台が金属の歯には不適応となります。

Metal Ceramic crown

美しさを求めるあなたへ
メタルボンド セラミック クラウン
¥95,000-(税抜き価格)
ノンプレシャスメタルでのベーシックタイプの価格です。
さらに生体適合性と無害に近い金含有量の高い金属の場合は価格が変わります。
金相場により価格変動がございますので詳しくはお問い合わせください。

長期間の耐久性があり、自然歯に近く、変色することもありません。
高温で焼き付ける陶材(せともの)なので、透き通った深みのある輝きが出せます。
ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用出来るという利点があり、審美製の高いセラミックと耐久性の高いメタルの長所を兼ね備えています。
注意点としては、内側に金属を使用しているため、歯周病などで歯茎が
痩せた場合、境界線が黒く見えることがあります。保険の材料(プラスチック)に比べ、審美性・機能性に非常に優れています。

欠損歯などを連結するブリッジ治療にも対応できます。

コストを抑えて白い被せ物にしたい
ハイブリッド セラミック クラウン
¥68,000-(税抜き価格)
ノンプレシャスメタルでのベーシックタイプの価格です。
さらに生体適合性と無害に近い金含有量の高い金属の場合は価格が変わります。
金相場により価格変動がございますので詳しくはお問い合わせください。

プラスチックの欠点が改善され、比較的キレイな色、光沢が出ます。
適度のやわらかさがありますので、破折することが少なく、白いかぶせ物の中ではリーズナブルな被せものです。
ただし、純セラミックの材料と比較すると飲食物の色を吸収してしまうため審美性を求める前歯には不向きです。
注意点としては、内側に金属を使用しているため、歯周病などで歯茎が痩せた場合、境界線が黒く見えることがあります。

メタルボンド・ハイブリッドクラウンの金属の種類について

1・ノンプレシャスメタル
コバルトクロムまたはニッケルクロム合金のため変色の可能性はあります。
2・セミプレシャス メタル
金の含有率が50%以下(12カラット)の合金です。
変色はほとんどありません。
3・プレシャスメタル
金の含有率が75%以上(18カラット)含まれている合金です。
適度な柔軟性、殺菌効果、低アレルギー性、変色はありません。
基本価格はノンプレシャスメタルを用いたものです。金相場により随時価格変動があるため、セミプレシャス 、プレシャスメタルのオプションをご希望の患者様はご確認ください。

簡易比較表


タップすると拡大します
価格は税抜き表示です

セラミッククラウンの土台について

良い被せものには良い土台を

自分の根と被せもののとを連結するための土台のことを
「コア」といいます。
歯の中心に位置する重要な場所の治療です


ながたデンタルクリニックでは、現在以前より保険適応されている金属製(銀合金・パラジウム合金)のコア治療は行なっておりません。
理由は、それ自体が頑丈なのは良いことかもしれませんが、時間の経過とともにご自身の歯の根の方が強さに耐えられず折れてしまうことでかえって治療により悪化させることが多いからです。
歯科医の本音から言うと、被せ物の素材の選択も重要ですが、神経治療を行なった歯の根に対する最も重要な治療が実は目には見えなくなる土台治療の材料の選択と支台歯形成の精密性と考えています。

ながたデンタルクリニックでは、自費診療の際の土台治療には神経が残っている歯・神経がない歯、共に基本的には「ダイレクトセラミックス コア治療」を推奨しています。
「ダイレクトセラミックス コア治療」の際、歯の状態によっては、敢えてファイバー繊維を用いない場合もありますが、強度に差はありません。

ダイレクトセラミックス コア治療費¥20.000-

全てのセラミックスクラウンに対しては、基本的にダイレクトセラミックスコアの前治療が必要になります。
支台歯形成技術料・材料費・仮歯代を含めた金額です。

歯に強固に接着するダイレクトセラミックスと、しなりのあるファイバー繊維の組み合わせによる歯を痛めない丈夫な土台です。


自分の根と被せもののとを連結するための土台のことを「コア」といいます。
歯の中心に位置する重要な場所です。
従来の、金属製の土台は頑丈ではありましたが、かえってそれが仇となり、噛み合わせの圧力などで歯の根を割ってしまうことが多くありました。
それらの欠点を改善したものが、ダイレクトセラミックス+ファイバー繊維のダイレクトセラミックスコア治療です。
強固に接着し、程よい硬さのダイレクトセラミックスと、歯の様々な方向からの圧力にも対応するしなりのあるファイバー繊維のを組み合わせた現状、最も歯に優しく、強固な土台です。
また、型取りが不要のため1回で土台治療が完結します。

被せ物の治療の流れ



自分の根と被せもののとを連結するための土台のことを「コア」といいます。
通常は、歯の様々な方向からの圧力にも対応するしなりのあるファイバー繊維の土台ですが、患者様の根の状態によっては金属の土台を使用する場合もございます。
グラスセラミッククラウンの場合は、基本的にはファイバー繊維の土台を使用します。

ファイバーの土台と金属の土台との比較です。
同じセラミックの被せものでも透明度が違います。

左がファイバーコア、右がメタルコアです。



従来の金属製(パラジウム合金・銀合金)の土台はどうしても、ご自身の歯の根よりも土台の金属の方が強度が上回ってしまうために、歯の根が骨の中で割れてしまうことが多々あります。
根が割れてしまうと、その歯は抜歯せざるを得ません。
臨床上、私どもが多々目にします。

↑保険適応の金属の土台による歯根破折の一例

衝撃吸収製に優れたファイバーコアは、これらの根の破折を抑える効果があります。
ファイバー繊維の真棒は、しなりのある材料のため、根の中心を守るとされています。

↑ファイバーコアの中心となるファイバー繊維の真棒

ダイレクトセラミックス コア治療費¥20.000-

全てのセラミックスクラウンに対しては、基本的にダイレクトセラミックスコアの前治療が必要になります。
支台歯形成技術料・材料費・仮歯代を含めた金額です。

歯に強固に接着するダイレクトセラミックスと、しなりのあるファイバー繊維の組み合わせによる歯を痛めない丈夫な土台です。


自分の根と被せもののとを連結するための土台のことを「コア」といいます。
歯の中心に位置する重要な場所です。
従来の、金属製の土台は頑丈ではありましたが、かえってそれが仇となり、噛み合わせの圧力などで歯の根を割ってしまうことが多くありました。
それらの欠点を改善したものが、ダイレクトセラミックス+ファイバー繊維のダイレクトセラミックスコア治療です。
強固に接着し、程よい硬さのダイレクトセラミックスと、歯の様々な方向からの圧力にも対応するしなりのあるファイバー繊維のを組み合わせた現状、最も歯に優しく、強固な土台です。
また、型取りが不要のため1回で土台治療が完結します。

ゴールドの土台について

また、メタルボンドなどセラミックの内冠が金属の場合、生体親和性の高い金を使った土台も適しています。
ゴールドは通常の金属より柔らかく適合精度に優れているために、歯根の破折が少ないと言われています。

ゴールドコア(高金含有)¥48,000~
金相場により変動します。



確実に増えています。セラミック治療を選択する方が。

審美歯科においてもっとも理想的な人口歯の素材と言われているのがオールセラミックです。
通常、虫歯治療のかぶせ物には銀歯が使用されます。保険が適用され、安価で治療を受けることができる反面、審美面や耐久性において大きなデメリットがあります。とくに前歯を治療する際には大きな問題となります。できるだけ目立たず、しかも美しい仕上がりにしたい。そんな人にとってオールセラミックは大きなメリットがあるのです。
オールセラミックとは素材がすべてセラミック(陶器)でできているものです。セラミックは光の透過性に優れており、見た目も天然歯とほとんど変わらないため、非常に美しい仕上がりにすることができます。

現在治療中の患者様以外でも、過去に治療した古い被せ物や、部分的な銀の詰め物などをセラミックの白い物に変えて欲しいという方が増えています。
特に、口元の状態なども審査対象となる、外資系企業・国内大手企業への就職活動中の方や、転職を決めている方の需要が多いです。

なぜセラミックなのか

・とても自然で美しく仕上がる

人間の歯の色に近く、とても自然な仕上がりになります。
色のオーダーを細かく設定できる種類もあるので、ご自身の歯の特徴と合わせることにより被せ物を入れていることが他人に見分けがつかないほどです。
保険適応の前歯のプラスチックを貼り付けた被せ物との色と質感の差は明らかです。
ホワイトニングを併用して他の歯も白くして芸能人のような歯の色にすることも可能です。

保険適応レジン全装冠                   オールセラミック治療

  奥歯にも自然な透明感のある歯が入れられます。         ブリッジ治療にも対応できます。

・身体にとって安全かつ健康的な素材である

歯科医師として、ここが一番重要なポイントだと私は考えます。
セラミックは生体親和性が高く、人体に与える影響がとても少ない素材です。
健康保険適応の金属は、国(厚生労働省)が定めた組成のパラジウム合金です。
パラジウムは保健金属の主役ですが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出ます。
ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。
ほとんどの患者様も「歯医者さんが患者の体に悪いものを使うはずがないし、第一、国が体に悪いものを使っていいと認めるはずがない」と、保険の銀歯のことを見た目は気にしたとしても、使われている金属の中身の安全性までは考えたことはないと思います。
しかし、現在でも健康保険適応の銀歯には、金銀パラジウム合金(金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、インジウム、イリジウム、すずなどが成分)と、約50%もの水銀を含むアマルガムといった金属が国指定金属として使われています。
金銀と謳った名称ですが、それらはごくわずかで、主成分はパラジウムです。
これらのこれら重金属を含む金属は、口の中で腐食します。そして体内に取り込まれ、あなたの体に何らかの悪い影響を与えていることが以前からの研究でも明らかになっています。
皮膚や粘膜の異常、目が疲れる、鼻詰まり、頭痛、肩こり、しびれや、疲労などが、パラジウム合金が引き起こすアレルギー反応だとも言われています。
私は、決して保険金属が全ての人に「絶対に悪いもので、これは毒だ!」とまでは言いませんが、自分や家族には入れることはありません。
もちろん、身体に影響の無いと言われる高カラットのゴールド、白金加金やインプラント素材のチタン、そしてここで紹介しているセラミック素材でも、ごくわずかながらもアレルギー反応を示す人は存在するので、完璧に絶対安全である歯科素材はないのかもしれませんが、全く金属を使用しないオールセラミック治療はそれらのリスクを大幅に軽減するものと考えます。
また、オールセラミックは、金属の被せ物と違い、被せ物の縁が溶解して自分の歯とセラミックの間に隙間ができないため、衛生的かつ2次的な虫歯の再発を抑えます。
経年劣化で表面がざらついてしまう保険の金属やプラスチックと比較すると、長期間表面が滑沢なセラミック素材は歯垢を寄せ付けにくく、歯垢除去が容易に可能なため、歯周病対策にもなり、それが被せものの付け根の虫歯の発生を抑制することになります。
今まで、私は被せ物の周りに付着した歯垢・歯石が原因で歯周病となり、歯の根が露出した箇所から虫歯が発生し、それに患者様自身が気がつかない(ほとんどの被せ物が神経を取っている歯なので虫歯になっても痛みを感じない)ため状態が悪化し、やむなく抜歯するケースを数えきれないほど診てきました。もちろん、一番重要なのは毎日のセルフケアと我々がお手伝いするプロフェッショナルケアの定期検診ですが、セラミック治療は金属の歯に比べてご自身の大事な残った歯を長く守ることにもなるのです。もちろん、高額な治療になりますのでやりたくてもセラミック治療が受けれない方がいるのも十分理解しております。
しかし、臨床をし続けて感じている点は、例えば、虫歯1本にしても、やはりセラミックを使って、質のよい接着剤を使えば、より自然な歯が入り、長持ちもします。もちろん患者様の経済的事情もありますので、保険も自費もどちらも正確な情報を伝え、最終的な選択は患者様ご自身に委ねています。
長くなりましたが、オールセラミックは、金属アレルギーの心配がなく、毎日の歯磨きで汚れが取れやすく、歯周病や虫歯の発生を抑えることのできる素材であるということです。

金属の縁が溶解し隙間から虫歯が発生 金属の被せ物のきわが溶けて土台の歯が虫歯 銀歯の中で虫歯により歯が溶ける

・強度が強く、長期間美しい状態を保てる耐久性がある

かつてのセラミック素材は強度や劣化による使用感が否めませんでしたが、現在ではそれらの弱点を克服したジルコニアをはじめ、様々な新しいセラミック素材が開発されています。
よほどのことがない限り、変色せず、壊れず、変形せず、美しさと安心感を兼ね備えた治療であると言えます。
患者様の生活習慣によっては多少の着色はありますが、専用の器具で磨くことによって基本的には色と艶は回復します。
保険指定の前歯のプラスチック素材のレジン金属冠の変色が、人によっては数ヶ月程度で起こってしまうことを考えると長期間の満足度を患者様に与えることができると言ってもいいでしょう。(保険の前歯の被せ物は、プラスチックなので、コーヒーなどの色素を素材自体が吸ってしまうため磨いても白くはなりません)

・口元のコンプレックスを解消できる

古い保険前歯の場合、表面のプラスチックが黄色く変色して明らかに隣の自分の歯と違うことが分かる状態や、金属を使用した古い差し歯などでは、被せ物と歯茎の間が黒っぽく変色してくる場合があります。
これは金属がイオン化して溶けだしたり、隙間が開いて金属が見えてしまう為起こる物です。
また、奥歯が銀の詰め物や全てが銀の被せ物が多かったりと、ちょっと恥ずかしく感じてしまい、なるべく口を開けて笑わないようにする方も多いと思います。
セラミック治療は患者様のこれらのコンプレックスを解消することにより、より豊かなQOL(生活の質の向上)をご提供できることと思います。

保険適応の被せ物の経年劣化による変色と歯ぐきの黒いライン。
この隙間から自分の歯をさらに悪化させてしまうこともあります。

コンプレックスを解消して、思いっきり笑ってみませんか?
あなたに最も適した治療法を提案致しますのでお気軽にお尋ねください。





自費メニュー