made with in Naga-Cli

ながたデンタルクリニックのダイレクトセラミックス治療

次世代型コンポジットレジン修復治療

治療ケース

  • HOME
  • >
  • ダイレクトセラミックス 以外に選択肢がない時

ダイレクトセラミックス以外に治療の選択肢がない時/ Direct Crown Bridge



このような状態で、従来法の支台歯形成による間接法補綴物の作成は、支台歯接合部の接着面積を減少させ、さらに脆弱にしてしまう可能性が高いと考える。患者が希望しても、予後不良と診断され抜歯となる事例も多いと思われる。



 

上顎前歯部の補綴物脱離に対する即日歯冠回復症例。脱離した補綴物を口腔内に一時的に戻し、シリコン印象採得し、それを口腔内へ歯冠形態を移植するためのガイドを作成。残根部の齲蝕感染域を除去し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、この2本は部分床義歯の鉤歯のため以前と同じ歯冠形態の再現が即日に必須であった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の根元からの破断に対する即日歯冠回復症例。即日根管充填後に、直接口腔内で対合・隣接部に配慮し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、この歯は部分床義歯の鉤歯のため以前と同じ歯冠形態の再現が即日に必須であった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の補綴物脱離に対する即日歯冠回復症例。根元から支台歯の一部を含み破断脱離した補綴物を口腔内に一時的に戻し、シリコン印象採得し、それを口腔内へ歯冠形態を移植するためのガイドを作成。即日根管充填後、残根部の齲蝕感染域を除去し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、このような折れ方の場合、従来の間接的修復では咬合圧に耐えられず近い将来再度破断する可能性が高いためにダイレクトクラウンにて修復を行う必要があった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



下顎前歯部の根元からの破断によるダイレクトクラウン症例。修復前に根管治療を終了し、印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯を一切切削することなく、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の補綴物破断脱離に対する即日歯冠回復症例。脱離した補綴物紛失のため、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により隣接・対合関係を考慮し歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、このような折れ方の場合、従来の間接的修復では咬合圧に耐えられず近い将来再度破断する可能性が高いためにダイレクトクラウンにて修復を行う必要があった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の根元からの破断によるダイレクトクラウン症例。根元から支台歯の一部を含み破断脱離した補綴物を口腔内に一時的に戻し、シリコン印象採得し、それを口腔内へ歯冠形態を移植するためのガイドを作成。即日根管充填後、残根部の齲蝕感染域を除去し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、このような折れ方の場合、従来の間接的修復では咬合圧に耐えられず近い将来再度破断する可能性が高いためにダイレクトクラウンにて修復を行う必要があった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の歯根破折による抜歯後の即時歯冠再建修復ダイレクトブリッジ症例。根元から支台歯の一部を含み破断脱離した補綴物を口腔内に一時的に戻し、シリコン印象採得し、それを口腔内へ歯冠形態を移植するためのガイドを作成。歯根破折した歯根を抜歯し、十分に止血を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を回復して修復を完了。右側中切歯には間接法によるオールセラミックスクラウンが装着されているため、左側即切歯の隣接面に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバー連結して歯冠形態を回復して終了した。前歯のため社会生活に審美障害が影響があるため即時修復のダイレクトブリッジ治療が必要であった。抜歯窩の治癒後に基底面の修正を行なった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の外傷による脆弱歯質破断・大規模破折に対する即日歯冠回復症例。根管口部に斬間セメントでマーキングを行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)を用いて歯冠形態を再建。口蓋側より根管治療用の窩洞形成を行い、その後感染根管治療を行った。審美的障害対策兼、根管治療用隔壁作成の一例。通常の即時重合レジンによる仮歯よりも安定し、かつ根管治療時には衛生的環境を付与できる。根管充填後に再度ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて形態修正を行い一連の治療を終了できる。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

小臼歯の咬合圧による歯冠・歯根破折に対する即時歯冠形態再建症例。感染部を除去し、即日根管治療を施し、歯肉整形後にダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて歯冠形態の再建を行った。通常であれば抜歯宣告される場合の保存修復の一例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

犬歯の外傷性咬合による歯冠破折に対する即時歯冠形態再建症例。感染部を除去し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて歯冠形態の再建を行った。通常であれば抜髄後間接修復であるが、歯髄温存も含めた保存修復の一例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



失活歯の不適合補綴物の内部齲蝕感染による支台歯脆弱に対するダイレクトクラウン症例。再根管治療後にダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によるダイレクトコア操作から連続してダイレクトクラウン歯冠形態再建を行った。通常、残存歯質が歯肉縁下かつ壁が薄い場合は抜歯宣告される場合が多いと思われる。この症例は敢えて壊れるデメリットを支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

失活歯の不適合補綴物の内部齲蝕感染による支台歯脆弱に対するダイレクトクラウン症例。再根管治療後にダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によるダイレクトコア操作から連続してダイレクトクラウン歯冠形態再建を行った。通常、残存歯質が歯肉縁下かつ壁が薄い場合は抜歯宣告される場合が多いと思われる。この症例は敢えて壊れるデメリットを支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

失活歯の不適合補綴物の内部齲蝕感染による支台歯脆弱に対するダイレクトクラウン症例。再根管治療後にダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によるダイレクトコア操作から連続してダイレクトクラウン歯冠形態再建を行った。通常、残存歯質が歯肉縁下かつ壁が薄い場合は抜歯宣告される場合が多いと思われる。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯部の過度な咬合圧による大規模な歯冠破折に対する即日歯冠形態再建修復症例。咬合面から近心・舌側部にかけて大きく欠損しているが、舌側側の象牙質に歯冠方向への破折線が確認できる。歯髄温存処置後に歯根破折部を含め、MDP酸性レジンモノマーにより強固な樹脂含浸層を作り破折部をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)ごと接着し、ワンピース成形にて歯冠形態の再建を行い修復を終了。この症例は敢えて壊れる弱点を支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

下顎大臼歯部の失活歯のメタルコアによる歯根一部破折に対する即日歯冠形態再建修復症例。全体的に脆弱歯根であり、近心頬側部に破折線が確認できる。際根管治療後に歯根破折部を含め、MDP酸性レジンモノマーにより強固な樹脂含浸層を作り破折部をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)ごと接着し、ワンピース成形にて歯冠形態の再建を行い修復を終了。この症例は敢えて壊れる弱点を支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



上顎大臼歯部のメタルインレーによる過度な咬合圧と自然失活したことによる脆弱歯根破折に対する即日歯冠形態再建修復症例。口蓋則歯根が大規模に歯肉縁下深くまで破折している。根管充填後、MDP酸性レジンモノマーにより強固な樹脂含浸層を作り破折部をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)ごと接着し、ワンピース成形にて歯冠形態の再建を行い修復を終了。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません


 

下顎大臼歯部の幾度にもわたる再根管治療による過度の根管内部のプレパレーションにて脆弱化した残存歯質に対するコンポジットレジンによる歯冠形態再建修復症例。ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)は軽く、他の補綴物より硬すぎないために適度に摩耗するために脆弱化した歯根には適していると考え選択。また、根分岐部病変も安定したものの、今後のメインテナンスがやり易いマージン形態を付与。ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)による接合面マージン形成は衛生的なインフィニティマージンのメリットでもある。この症例は敢えて壊れるデメリットを支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

脆弱歯根に対する直接法ダイレクトクラウン症例。一度、支台築造まで行ったが、脆弱歯根・対合関係・咬合圧を考慮し、過度のストレスがかかった時に歯冠部が壊れてくれるダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)を選択。レジンコアの上部にプライミング処置を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて歯冠形態を再建し、修復を終了。この症例は敢えて壊れる弱点を支台歯保護機能としてメリットと捉えた症例。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



下顎大臼歯のクラウン脱離・紛失による即日歯冠再建修復症例。事情があり、どうしても今日しか来院できない患者様の要望に応えた症例。清潔・防湿下にて隔壁法を駆使し、隣接面には適切な接触面形態を。咬合面には対合関係を考慮し、適切な咬合接触関係を付与しダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて即日歯冠再建を行い修復を終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



上顎大臼歯の大規模な歯冠崩壊、根管充填後のダイレクトクラウン症例。事情があり、どうしても今日しか来院できない患者様の要望に応えた症例。支台歯周囲に歯肉退縮が認められ、従来の間接補綴のために形成印象を行うと、歯質がほとんど残らず、かつ歯根に負荷がかかり過ぎてしまうために軽量なダイレクトセラミックス素材を選択。清潔・防湿下にて隔壁法を駆使し、隣接面には適切な接触面形態を。咬合面には対合関係を考慮し、適切な咬合接触関係を付与しダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて即日歯冠再建を行い修復を終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


  

乳歯の中切歯の欠損のダイレクトブリッジ症例。外傷により抜歯を行なって後続永久歯の萌出まで経過観察を行なっていたが、七五三の記念撮影があるので歯を作って欲しいとの保護者からの依頼を受け、修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。小児の場合、日々顎骨成長が起こるため、両側固定は不向きと考え左側中切歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバータイプに連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。





ダイレクトセラミックス治療の流れ

CASE TREATMENT

写真をタップまたはクリックで詳細ページが表示されます

虫歯治療の時に

/Direct Filling

銀歯を外したい時に

/Direct Inlay Onlay

歯が折れた時に 

/Direct Restoration

歯が欠損した時に

/Direct Bridge

歯の色・形を綺麗にしたい時に

/Direct Veneer

歯と歯の間を埋めたい時に

/Direct Filling

すぐに歯がないと困る時に

/Direct Crown

他に治療の選択肢がない時に

/Direct Crown

 土台治療の時に

/Direct Abutment Preparation

その他の治療症例

/Other Direct Restorations

CATEGORIES

BEST TREATMENTS

Direct Ceramics / 

inlay type

PMTC / 

mechanical cleaning

Ceramics Crown / 

metal bond type

PICK UP

Non Clasp Denture / 

soft type

Whitening / 

self home type

Metal Denture / 

cobalt chrome

NEW RELAXATIONS

GUM massage / 

blood flow massage

Lips aesthetic / 

glamorous lip treatment

HANDS massage / 

relax massage