made with in Naga-Cli

ながたデンタルクリニックのダイレクトセラミックス治療

次世代型コンポジットレジン修復治療

治療ケース

  • HOME
  • >
  • 歯の色・形を綺麗にしたい時

歯の色・形を綺麗にしたい時に / Direct Veneer



歯髄失活後の時間経過により歯冠部歯質が変色した症例。緊密な根管充填後に歯冠部にマスキングシェードの下地処理、その上にデンチン・エナメルシェードのコーティング充填をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて行なった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

歯髄失活後の時間経過により歯冠部歯質が変色した症例。緊密な根管充填後に歯冠部にマスキングシェードの下地処理、その上にデンチン・エナメルシェードのコーティング充填をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて行なった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

歯髄失活後の時間経過により歯冠部歯質が変色した症例。緊密な根管充填後に歯冠部にマスキングシェードの下地処理、その上にデンチン・エナメルシェードのコーティング充填と離開部の閉鎖充填をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて行なった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の色調不良による審美障害症例。急な式典のため即日に歯を白くして欲しい訴えに対応。歯を切削することなく歯冠部にマスキングシェードの下地処理、その上にホワイトニングシェードのコーティング充填をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて行なった。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

矯正治療によるブラケット・ワイヤー部の衛生不良による全額的な齲蝕症例。全ての歯に齲蝕が発生したため齲蝕感染域を除去し、清潔・防湿環境下にてダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)を用いた接着・充填操作を行なった。非接触面には、周囲と適合した色調に、隣接面には3Dマトリックス・楔・離開バンドの隔壁法を用い緊密な接触関係を確保し、咬合面には対合関係を考慮し、理想的な咬合接触関係を築盛再現して修復が完了。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

左側中切歯の不正歯列による審美障害症例。緊密な根管充填後に突出した歯冠を削合し、隣在歯を参考に中切歯2本の歯冠幅径を調整しダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて解剖学的歯冠形態を築盛再現して修復が完了。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯部の審美障害症例。右側中切歯が欠損しており、その間隙を補うようにバランスの悪い左側補綴物を除去し、右側側切歯の幅径と歯冠形態のボリュームを増やしできる限り中切歯のように見えるようにダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて再建し、左側はメタルボンドセラミックス間接修復にて新製。左側臼歯部にはノンクラスプデンチャーを作成し全体的な審美障害を解決して治療を終了。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


 

上顎前歯1歯欠損の審美障害ダイレクトブリッジ症例。修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて衛生状態を考慮した欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。中切歯に接着操作を行い、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)によりカンチレバータイプに連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



上顎前歯の1本突出と正中離開による審美障害症例。修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて審美修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。不必要な歯質を削合し、神経を取ることなくダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)により歯冠形態を再建して終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



過去に装着した臼歯部の金属製補綴物(メタルブリッジ)による審美障害症例。笑った時に手前の金属が見えてしまうことがコンプレックスであるが、大幅な除去による補綴装置の交換まではしたくないという訴えに対応。頬側金属部に細かくアンダーカットを付与し、プライミング後にダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて正面から見える範囲の金属部をマスキングし処置を終了した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



古い補綴物のリペア症例。本来であれば支台歯形成後に間接補綴物を作成であるが、歯冠継続歯(さし歯)のため、金属が歯根に深く接着・嵌合しているために除去が困難。残った金属部にプライミング処置を施し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて歯冠形態を再建した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。



メタルボンドクラウンの前装部の一部剥離破損のリペア症例。患者が即日修復を希望したために、補綴物の新鮮面を出し、プライミング処置を施し、ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて歯冠形態を再建した。
リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。




ダイレクトセラミックス治療の流れ

CASE TREATMENT

写真をタップまたはクリックで詳細ページが表示されます

虫歯治療の時に

/Direct Filling

銀歯を外したい時に

/Direct Inlay Onlay

歯が折れた時に 

/Direct Restoration

歯が欠損した時に

/Direct Bridge

歯の色・形を綺麗にしたい時に

/Direct Veneer

歯と歯の間を埋めたい時に

/Direct Filling

すぐに歯がないと困る時に

/Direct Crown

他に治療の選択肢がない時に

/Direct Crown

 土台治療の時に

/Direct Abutment Preparation

その他の治療症例

/Other Direct Restorations

CATEGORIES

BEST TREATMENTS

Direct Ceramics / 

inlay type

PMTC / 

mechanical cleaning

Ceramics Crown / 

metal bond type

PICK UP

Non Clasp Denture / 

soft type

Whitening / 

self home type

Metal Denture / 

cobalt chrome

NEW RELAXATIONS

GUM massage / 

blood flow massage

Lips aesthetic / 

glamorous lip treatment

HANDS massage / 

relax massage