made with in Naga-Cli

ながたデンタルクリニックのダイレクトセラミックス治療

次世代型コンポジットレジン修復治療

ダイレクトセラミックス治療とは 

  • HOME
  • >
  • ダイレクトセラミックス治療とは

ダイレクトセラミックス治療(次世代型コンポジットレジン修復治療)

ダイレクトセラミックス(次世代型コンポジットレジン)とは、とても歯に強く接着する修復材料です。
以前のコンポジットレジン素材よりも高硬度、高耐久性、そして非常に粒子の細かいガラスセラミックスフィラーなど、近年の技術開発によってコンポジットレジンは次世代型へ進化しています。
ながたデンタルクリニックでは、この次世代型コンポジットレジン素材を患者様へ分かりやすいようにダイレクトセラミックス (直接、歯と一体化させる充填式のセラミック素材)と説明しています。
 
ダイレクトセラミックス は、理想的な色調と強度を持ち、基本的には一度の治療で完結します。
また、従来の治療法では余分に削り健康な歯を犠牲にしていたものが、最小限の削除量で修復が可能になりました。
ダイレクトセラミックス
美しい色調や表面性状を表現し、強度の基盤となる
約 80 % の「 セラミックス
歯と強く接着して一体化し、自由な形に成形可能な
約 20 % の「 合成樹脂
この両者の優れた特徴を併せ持つ、大きな可能性を持って進化を続ける歯科治療用の新素材なのです。
 

ダイレクトセラミックス治療の特徴
・どこを治療したのか見分けがつかない自然な治療跡
・健康な歯をほとんど削らず形態を回復
・強い接着力で歯の神経を保護
・他のオールセラミックス系素材や保険適応銀歯に比べて硬すぎない
・硬すぎないために噛み合う向かいの歯を痛めにくい
・硬すぎないために土台の歯の根が割れてしまうリスクが減る
・天然の歯と同程度にすり減ってくれる
・治療は基本的に1日で完結
・メンテナンスで長期的に維持可能
 
どんな治療に使えるの?
・虫歯治療の時に・・・
・歯が折れた時に・・・
・歯が欠損した時に・・・
・歯の色・形を綺麗にする時に・・・
・歯の間の隙間を埋める時に・・・
・根の治療の際の細菌侵入を防ぐ壁を作る時・・・
・被せ物の土台治療の時・・・
・その他、様々な応用ができる治療法です 

つまり、ダイレクトセラミックス 治療とは、
虫歯があれば最小限に虫歯菌のみを除去し、
できる限り歯を削らず、
審美性が高く、
虫歯の再発を抑える、
その場で治療が完結する、
身体に優しい最先端の治療法です。

・虫歯菌のみ削るMI治療
・基本的に当日に治療終了(最難症例で90分ほど)
・特殊な例を除いて基本的に型取りの必要がありません
・最先端のナノフィラーセラミックス技術で自然な仕上がりと高い封鎖性
・小さな虫歯から、抜けてしまった歯まで対応
・お口の中の銀歯からの交換もできます
・ブリッジ、インプラント、入れ歯に抵抗がある方にも適応できる場合があります

ダイレクトセラミックス のデメリットや副作用について

 
・一度の治療時間がかかる。
治療は1回で完結しますが、その1回が他の治療時間と比較して長くかかってしまいます。例えば、麻酔処置・銀歯除去・虫歯菌除去・神経保護・接着操作・充填 成形操作・形態修正・研磨などを一度に行うためです。しかしながら何時間もかかるわけではありません。
その歯の状態や、治療がやりにくい場所、止血などその状態によって変わりますが、通常は接着・充填・研磨の一連の治療工程で30分程です。
 
・一部が欠けたり割れたりすることがある。 
ダイレクトセラミックス素材は、歯科用金属やその他の歯科用オールセラミックス素材に比べて強度は低く、破折や摩耗の可能性があります。
それ以外にも歯に過度のストレスがかかった時に欠けたり割れたりすることがあります。
しかし、これは歯の根を守るために自らが犠牲となる支台歯保護機能でもあるためにメリットととらえられることにもなります。
また、一部が壊れても、全てをやり直さずに短時間で修理・補修するシステムが整っています。
 
・噛み合わせや咬合圧の状態でダイレクトセラミックス が適さない場合がある。
短期間に何度も同じ場所が壊れる場合は、その歯や口腔環境にはダイレクトセラミックス素材では強度不足であると考えられ、その場合は他の装置への変更が必要になることがあります。
 
・変色する場合がある
時間経過と共に多少の変色や劣化感が出る場合がありますが、定期的な研磨と修正で解決できます。定期的なチェックを継続していただくために基本的には問題になることはありません。
 
・接着剤の歯周組織への影響
ボンディング材(接着剤)が歯ぐきや粘膜に付着すると一時的に白くなったり肌荒れのような状態になる場合もありますが、通常は数日程度で回復します。
ごく稀にボンディング材(接着剤)に対するアレルギー反応や、治療中のラバーダムクランプや隔壁法に用いる離開機材の圧迫により歯ぐきに圧痛や浮いた感じなどの違和感が発現することがありますが、数日から1週間程度で回復することがほとんどです。
 
・治療後の痛みについて
治療前に痛みがなかったとしても、実際は内部に深い慢性齲蝕(痛みを伴わない虫歯菌による感染)が大きかった場合、治療後に痛みが出る場合があります。これはダイレクトセラミックス素材の問題ではなく虫歯の大きさの問題なので、経過が芳しくない場合は神経処置などで再治療が必要になることがあります。
 
・噛み合わせの違和感
噛む面の大幅な形態成形や今までなかった場所に歯を作った時に、噛んだ時に違和感や場合によっては痛む時があります。
これは噛み合わせの環境が変わった時に発現する通常の歯科治療ではよくあることです。
治療後、しばらくしても変わらない場合は噛み合わせの調整をすることで解決することがほとんです。
 

 ダイレクトセラミックス の最大のメリットは、できる限り歯を削らずにその歯を守り審美的にその場で治療ができると言う点です。
絶対的な強度を求め、かつ さらなる質感・艶感などを重視するお考えの患者様には、削る量は増えてしまいますが、従来からあるオールセラミックス系間接的修復物・補綴物をお薦め致しております。

 

ダイレクトセラミックス素材の人体への重大な副作用はありません。
しかしながら医療行為であるために「必ず絶対確実に全てが安全で安心」と言ったことは医療機関側から発言することはできません。
これは医療行為全般において言えることですので基本的には通常の歯科治療行為と同等な医療リスクであるとお考えいただいて構わないと思います。
例えば、「ごく稀に麻酔や内服薬などでアナフィラキシーショックが起こる可能性がないとも言えない。」というようなことです。

当院が使用している自費用コンポジットレジン修復材料について

  当院がダイレクトセラミックス 治療に使用する材料・機材は全て厚生労働省が定めた薬事法に承認された医療材料・医療機器です。
保険外のコンポジットレジン治療を目的に開発された高価な自費専用材料を使用します。
コンポジットレジンは、当院では日本製の各社10種類以上、全40シェード(色)以上を取り揃えており、患者様の歯に合った硬さ・色味に調合できます。
なお、歯科材料のコンポジットレジン修復関連材料は日本のメーカーが世界的なリードとシェアを誇っています。日本の厳しい薬事法をクリアした材料ですので安心して治療が受けられます。
 

主な使用材料

 
ボンディング材 
 
コンポジットレジン素材
 
離開機材

ながたデンタルクリニックが提供する即日処置

今までの概念を覆す新しい治療法です

虫歯で削ったら?歯が抜けたら?
今までは型取りして、技工士さんが作成してくれていた修復物(銀歯など)を後日装着していましたよね?
ながたデンタルクリニックが習得した最新の技術により、それらが型取りもせず、当日に治療が終了します。
また、今まで型取りをする歯を装着する場合、ご自身の健全な歯を削る必要がありましたが、ダイレクトセラミックス修復では余分な部分を削らずに健康な歯質を残すことが可能になりました。
例えば、奥歯で歯と歯の間に虫歯ができてしまった場合は、はめ込み式の銀歯を作るために少なからず虫歯ではない健康な歯の部分を削らざるを得ませんでした。
また、歯が抜けてしまった場合、ブリッジ治療では両隣りの健康な歯を大幅に削ることになります。
インプラント治療の場合は歯は削りませんが、時間(半年程度)と費用(当院では35万円から 被せ物代別途必要)が掛かります。
ケースにもよりますが、これらの問題をスピーディに解決するのが、ダイレクトセラミックス治療です。
また、すでに装着されている銀歯を白くしたいというご要望も多く、今までの型取りのセラミックス修復(当院では7万円〜12万円以上/1本)が部分的な銀歯の詰め物からの変更ですと、5万円からご案内でき、多くの患者様に感動と賞賛の声を頂いております。
ながたデンタルクリニックが習得した最新の施術法により、ケースにより部分的な詰め物形態(インレータイプ)から全体の被せ物(クラウンタイプ)、欠損部位(ブリッジタイプ)、前歯のすきっ歯・変色歯(ベニアタイプ)まで様々なニーズに対応できる場合がありますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。


ダイレクトセラミックス治療について 当院の考え

 
ダイレクトセラミックス治療が従来の全ての治療に変わる最善の治療法ということではありません。
 
また当院では、決して従来の治療法や健康保険で定められた治療内容を否定しているわけでもありません。
 
ケースによっては従来の健康保険適応治療や他の間接治療の方が適していることもあり、当院では患者様の口腔内の現在の状態や将来的な予測を考慮して口腔内全体の治療方法・計画を立案提示させて頂き、治療法の選択肢の最終的な判断は患者様に決めていただくようにしております。
健康保険適応治療の他にも当院では様々な最新の自由診療メニューを用意しておりますが、その中の一つの治療法がダイレクトセラミックス 治療ということです。
 
例えば虫歯治療の詰め物一つをとっても、修復部の位置、大きさ、咬合力のかかる部位か否か、適正な歯並びと咬合圧であるのか、咀嚼筋の強さ、顎骨の形態、対合が天然歯なのか、またはどの材料の修復物・補綴物であるのか、生活歯であるのか失活歯なのか、歯周組織の状態はどうなのか、患者様のおかれている生活・社会的・実存的環境などを含めて十分に診査診断を行い、
患者様が何を一番に求められているのか?を一番に考え、その上でそれぞれの治療法のメリット・デメリットなどを説明させていただいております。
(見た目なのか・切削量なのか・安全性なのか・耐久性なのか・早急に終わらせたいのか・価格なのか・など)
 
全ての治療をダイレクトセラミックス治療でできるわけではなく、患者様がご希望であっても診断の結果によってはダイレクトセラミックス治療自体が適さないことも当然ながらあります。
 
場面場面でダイレクトセラミックス治療 のメリットを活かせる場合に提案し活用させていただければ、と考えております。
 
当院では、医師の他にも専門的な外部研修を積んだダイレクトセラミックス 専任カウンセリングスタッフも在籍しております。
治療のカウンセリングだけでご来院される患者様も多く、親身になってご相談に応じられるシステムを構築しております。
適応や施術費用等がケースにより異なりますので、詳しくはお気軽にご相談ください。
 
ダイレクトセラミックス 治療は保険外治療です。他の保険外治療と同様に健康保険治療との同時併用はできませんのでご留意ください。


具体的な治療の流れ
 
ダイレクトセラミックス 治療の共通な流れとしては、必要に応じて局所麻酔を行い、不必要な人工物があれば除去し、内部の虫歯菌など歯によって不要な細菌を虫歯菌検知液を用い丁寧に除去します。
虫歯が深く神経に影響が出る可能性が高い場合は、神経保護の処置を施し、接着面のエナメル質にリン酸によるエッチング操作を行い、清潔・防湿な環境下にて隔壁法を駆使して接着操作・何層にも渡るセラミックスの充填・硬化操作を行います。
形態成形後に噛み合わせの確認を行い最終的な艶出し研磨を行い終了です。
ダイレクトクラウンやダイレクトブリッジの治療の際は、事前に研究用模型の型取りを行い、歯科技工士によるワックスアップにて噛み合わせや形態の確認を行い、それをガイドとしてシリコン印象を行い口腔内で再現します。
大きな破折や装着されていた補綴物の根元からの破断の場合で、折れた歯や折れた補綴物をお持ちの場合は、それを一度簡易的に歯に戻した状態でシリコン印象を行い、それをガイドにして口腔内で再現します。


CASE STUDY 01 インレータイプ

 
ながたデンタルクリニックで最も需要の多い部分的な銀歯の詰め物からの白い歯への変更処置。通常であれば1本30分程度で処置が完了するため人気の処置です。
臼歯部の金属製修復物による審美障害症例。メタルインレー除去後に齲蝕感染域を除去し、メタルインレー修復窩洞の隣接面過剰切削部分を再建するため、清潔・防湿環境下にてコンポジットレジンを用い、隣接面には3Dマトリックス・楔・離開バンドの隔壁法を用い緊密な接触関係を確保、咬合面には対合関係を考慮し、理想的な咬合関係を充填築盛して再現して修復が完了。
リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 02 アンレータイプ

根の治療終了後に通常であれば、周りを全周に渡り削らないといけませんが、ダイレクトセラミックス修復では削ることなく機能面を修復することができます。
根管治療後の機能形態回復症例。不良充填物と齲蝕感染域を除去し、清潔・防湿環境下にてコンポジットレジンを用いた接着・充填操作を行なった。隣接面には3Dマトリックス・楔・離開バンドの隔壁法を用い緊密な接触関係を確保し、咬合面には対合関係を考慮し、理想的な咬合接触関係を築盛再現して修復が完了。
リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 03 アンレータイプ

銀歯の中で虫歯が再発し、ダイレクトセラミックス修復にて治療した一例。銀歯を外すと中は大きく虫歯に感染。感染部位を丁寧に取り除き再建。感染域の大きさより、ほぼクラウン修復とも言える。

臼歯部の金属製修復物による審美障害症例。メタルインレー除去後に齲蝕感染域を除去し、メタルインレー修復窩洞の隣接面過剰切削部分を再建するため、清潔・防湿環境下にてコンポジットレジンを用い、隣接面には3Dマトリックス・楔・離開バンドの隔壁法を用い緊密な接触関係を確保、咬合面には対合関係を考慮し、理想的な咬合関係を充填築盛して再現して修復が完了。

リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 04 クラウンタイプ

古い被せ物の根元からの破折による即日歯冠修復例。折れた根元の感染域を丁寧に取り除き、再建修復。特に前歯はすぐにでも歯を入れたいという需要が多いため、ながたデンタルクリニックでは当日修復にこだわります。

上顎前歯部の補綴物脱離に対する即日歯冠回復症例。脱離した補綴物を口腔内に一時的に戻し、シリコン印象採得し、それを口腔内へ歯冠形態を移植するためのガイドを作成。残根部の齲蝕感染域を除去し、コンポジットレジンにより歯冠形態を回復して修復を完了。前歯のため審美障害もあるが、この2本は部分床義歯の鉤歯のため以前と同じ歯冠形態の再現が即日に必須であった。

リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 05 クラウンタイプ

奥歯の被せ物タイプでも即日修復が可能です。下顎大臼歯(6番)の直接修復例。隣在する歯を特殊な隔壁法にて適正な接触面を確保し修復。
失活歯の不適合補綴物の内部齲蝕感染による支台歯脆弱に対するダイレクトクラウン症例。再根管治療後にコンポジットレジンによるダイレクトコア操作から連続してダイレクトクラウン歯冠形態再建を行った。通常、残存歯質が歯肉縁下かつ壁が薄い場合は抜歯宣告される場合が多いと思われる。
リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 06 ブリッジタイプ

下顎小臼歯(5番)の欠損修復例。生まれつき欠損していた永久歯に対するダイレクトブリッジ修復。隣在健全歯質を削ることなく、即日に修復完了。通常のブリッジ、部分入れ歯、インプラント手術に抵抗のある方に好評です。

永久歯の先天性欠如による小臼歯の1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、コンポジットレジンにより連結して歯冠形態を回復して終了した。

リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 07 ブリッジタイプ

上顎小臼歯の欠損例。通常であれば、インプラント治療が第一選択であるが、全身疾患との兼ね合いで外科的な処置は禁忌であったためにダイレクトセラミックス修復にて対応。
上顎1歯欠損のダイレクトブリッジ症例。歯根破折による抜歯に対し、抜歯窩治癒を待って修復前に印象採得して研究用模型を作成。模型上にて欠損部修復のシミュレーションをワックスアップにより行い、その状況を口腔内に移植するためのガイドを作成。両隣在歯に接着操作を行い、コンポジットレジンにより連結して歯冠形態を回復して終了した。
リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。

CASE STUDY 08 ベニアタイプ

上顎全歯の変色による審美障害修復例。前歯の変色によるコンプレックスを解消。通常であればクラウン(被せ物)の型取りを行うが、根が短く脆弱なため、残存歯に負担をかけず、かつ審美的なダイレクトベニア修復にて処置を1回で終了した。

歯髄失活後の時間経過により歯冠部歯質が変色した症例。緊密な根管充填後に歯冠部にマスキングシェードの下地処理、その上にデンチン・エナメルシェードのコーティング充填をダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)にて行なった。

リスク・副作用

ダイレクトセラミックス素材(コンポジットレジン)とは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


費用の目安(1歯につき)

・インレー アンレータイプ ¥50,000~¥100,000-
・クラウンタイプ ¥100,000-
・ブリッジタイプ ¥200,000~ ¥300,000-
・ベニアタイプ ¥100,000-   
・すきっ歯治療2本 ¥100,000-
適応、施術料金等はお気軽にお問い合わせください。
定期的なメンテナンス受診を条件に保証期間内の通常使用による破損には保証付帯
リスク・副作用

コンポジットレジンとは、セラミックスの微細粒子と光を当てると硬化する合成樹脂(レジン)とを混合して作られた修復材料です。歯に強く接着して一体化し、自然な歯の色に近い修復が可能です。反面、金属やオールセラミックス系素材と比べると強度は低く、破折や摩耗の可能性があるために、歯科医院での定期的な確認や調整が必要です。また、人体への材料による副作用はありません。


詳しい治療例は、「治療ケース」のページをご覧ください。

ダイレクトセラミックスの特徴




虫歯治療の時に

/Direct Filling

銀歯を外したい時に

/Direct Inlay Onlay

歯が折れた時に 

/Direct Restoration

歯が欠損した時に

/Direct Bridge

歯の色・形を綺麗にしたい時に

/Direct Veneer

歯と歯の間を埋めたい時に

/Direct Filling

すぐに歯がないと困る時に

/Direct Crown

他に治療の選択肢がない時に

/Direct Crown

 土台治療の時に

/Direct Abutment Preparation

その他の治療症例

/Other Direct Restorations